HOME > 株式会社伊研 > 伊研の画用木炭

伊研の画用木炭
  • 【画用木炭とは】
    画用木炭とは、木の枝等を乾燥させ、窯で蒸し焼きにして炭化したものです。
    材料は自然のままの樹木ですから、その種類・生育場所・焼成温度等により、色合い・硬さなどに微妙な違いがあります。
    製法としてはただ樹木を炭にしただけの極めて簡単素朴なものですが、描画材料としてはその歴史は古く人類最古のものといえるでしょう。
    【画用木炭の用途】
    画用木炭の用途といえば、まずは造形表現の基礎となるデッサンです。
    ものの形体・明暗・質感などを線描で正確に捉え表現するデッサンの訓練を通して、構図、調子などについて理解を深め、「ものを観る力」「表現する力」を養うことができます。
    デッサンを繰り返し練習することによって、油絵・日本画・彫刻・デザイン工芸等どんな造形分野にも通ずる感性と表現力とが磨かれます。
    また、画用木炭は美術家の下描きやスケッチなど、さらにはパステル・チョーク・クレヨン等と併用したデッサン画用としても、さらに日本画では輪郭の当たりをつけるためなどに幅広く使用われています。
  • 【画用木炭の特徴】
    デッサンにおける画用木炭には、次のような特徴があります。

    1. 描いたり消したりするのが簡単である。
    消えては現れるフォルムの追求にふさわしい、短時間のデッサンには最適な材料です。
    2. モチーフを線より面で捉えることに適している。
    対象を面で捉え、全体のフォルムを明暗で表現することに適している。
    3. 調子(トーン)の表現に優れている。
    軟らかく伸びが良いので、濃淡の表現がしやすく、明暗のコントラストで光と影の調子を表現するのに優れています。

    デッサンには鉛筆・コンテなども使われますが、画用木炭は軟らかくて伸ばしやすいので、明暗や調子の表現には最適の描画材料といえるでしょう。
ike_b/ike_img1.jpg
伊研の画用木炭
【伊研の画用木炭】
創業以来、描画用木炭の専業メーカーとして培った技術によって、焼きむらのない高品質の木炭を製造しています。よく吟味した材料と焼き上がりの美しい色は高品質の証しです。画用木炭は素朴な描画材料です。
初歩から専門家まで、絵画の心と技術を培うための素材です。
伊研では、画用木炭の代表的なヤナギ炭を細軸から太軸まで様々の種類の木炭を揃えています。さらに、ヤナギ炭以外にも9種類の硬軟、濃淡の画用木炭を製造しています。
【伊研の画用木炭】
【木炭の種類】
ヤナギ炭:軟らかくて濃いバランスの良い代表的な炭
高熱ヤナギ炭:高熱処理をしたシャープさが加わった炭
クワ炭:やや腰のあるしっとりとした濃い炭
ハンノキ炭:やや乾いた感じの淡色の炭
カバノキ炭:しっかりと手応えのある淡い炭
クリ炭:やや硬い乾いた炭
ウコギ炭:軟らかくて軽い淡色の炭
トチノキ炭:ねばりのある濃い炭
シナノキ炭:きめ細かい柔らかな炭
ホオノキ炭:硬くシャープな淡い炭
ミヅキ炭:細く硬いシャープな淡い炭
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。