HOME > 技法の扉 > ペットを描くVol.1-4
  • [色鉛筆で描く] 2014.08.20
  • 「色鉛筆で描画する その2」Vol.1-4
  • 目、鼻、毛並を油性色鉛筆で丁寧に着色していきます。
    完成まであと少しです!
「色鉛筆で描画する その2」解説
油性色鉛筆で下書きの絵に色を塗り、ネコの顔の表現のポイントをお伝えします。
鈴木真理先生Mari Suzuki

獣医さんがつたえるペットの描き方/ペット・ポートレート・ペインター


「ペットをかわいく描きたい!でもどう描いていいかわからない!」この思いを獣医である鈴木真理先生が解りやすく解説しています。難しそうなポーズでも骨格を基にポイントをおさえれば、簡単に形がつかめます。身近な色鉛筆やパステルを使用します。

著書
「獣医さんがえがいた動物の描き方」グラフィック社
「あなたにも出来る!ペットの描き方」学研教育出版

現在 朝日カルチャーセンター 講師
  • 1971年 麻布獣医科大学(現麻布大学)卒業
  • 1976年 動物愛護協会 協会賞
  • 1979年 講談社フェーマススクールズ・ペインティング・コース修了
  • 1983年 講談社フェーマススクールズ・ペインティング・童画グランプリ 入選
  • 1994年~2002年 蒼騎会展 入選
  • 1997年~2001年 グループ展
  • 2003、2007、2010年 個展
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。