HOME > ターナー色彩株式会社 > GOLDEN > ゴールデンオープンアクリリックス
ターナー色彩株式会社
ゴールデンオープンアクリリックス
乾燥の遅い専門家用アクリル絵具。
絵具の世界の可能性を広げる、まったく新しい専門家用アクリル絵具です。
従来のアクリル絵具では難しかったテクニックの探求を可能にする、ゆとりのある作業性と多様性のある乾燥の遅い専門家用アクリル絵具です。従来のアクリル絵具にない、ユニークな特性とゆとりのある作業性により、画面上での混色、ボカシ、陰影の表現、グレージング、細密描写に最適な絵具です。
オープンアクリリックスは薄く塗ったときに本領を発揮します。 1.5mm以上(10円玉一枚分)に塗ると、極端に乾燥が遅くなり、乾かずに粘着して曇った発色の状態が非常に長く続きます。厚塗りする場合は、従来のゴールデンアクリリックスやメディウム類をお使いください。
【全41色】サイズ:60mlラミネートチューブ

●特徴
・制作中もパレット上で非常に長い時間、ウェットな状態を保つ
・画面上での混色性に優れる
・天然毛の筆が使える
・パレットで乾いて無駄になる絵具が少ない
・伝統的な40色の品揃え

●乾燥時間の目安
従来のアクリリックスに比べ、およそ10倍の乾燥時間
150ミクロンに塗付した場合(厚めの筆塗りに相当) 室内条件:21℃、湿度30%

●注意
・従来のアクリリックスやメディウム類とオープンアクリリックスを混ぜた場合は、オープンアクリリックスと同様に薄く塗ってください(1.5mm以内の厚み)。
・水を混ぜた場合は、急激に粘度が下がりますが、ウェット時間は延びないので注意してください。
・水の量は、絵具やメディウムの1/2以内にしてください。
・ワニスは、30日以上置いてからかけてください。その間、塗膜は粘着ぎみになるので、ホコリなどが付着しないように気をつけてください。
・水彩紙や吸水性のある多孔質の下地に塗る場合に、シンナーや水の量を注意事項にあるよりも増やすことは可能ですが、塗膜は弱くてもろくなり、耐水性も低下します。そのような作品を保管する場合は、水彩画と同様にフレームに入れてガラスなどのカバーをつけるか、完全に乾燥した後に、遮断コートを施してワニスがけをしてください。

●#が頭についている製品について
2018年10月に廃盤となりました。在庫がなくなり次第順次終了となります。


ゴールデンシリーズ(アクリル絵具)は全て混合することができます。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【重要】ゴールデン社商品の供給について
2020年8月にて、ゴールデン社とは契約解消となります。契約解消以降も、来年2021年7月末まで、現在保有する在庫分は供給させていただきます
詳しくは、こちらをご覧ください。
下の製品の価格帯:660円 ~ 9,500円+税
45アイテム登録
表示切替: GRID / LIST
  • カドミウム レッド ミ…
  • パイロール レッド/PY…
  • ナフソール レッド ミ…
  • キナクリドン マゼン…
  • カドミウム レッド ラ…
  • ペイニーズ グレー/PA…
  • ボーン ブラック/BONE…
  • ボーン ブラック/BONE…
  • カドミウム オレンジ/…
  • カドミウム オレンジ/…
  • カーボン ブラック/CA…
  • カドミウムイエローミ…
  • チタニウム ホワイト/…
  • チタニウム ホワイト/…
  • カドミウムイエローミ…
  • ハンザ イエロー オペ…
  • ハンザ イエロー ライ…
  • カドミウムイエロープ…
  • インディアン イエロ…
  • ネイプルス イエロー …
  • フタロ グリーン(ブル…
  • ビリディアン グリー…
  • グリーン ゴールド/GR…
  • クローム オキサイド …
  • ジェンキンズ グリー…
  • サップ グリーン ヒュ…
  • セルリアン ブルー ク…
  • ウルトラマリン ブル…
  • コバルト ブルー/COBA…
  • フタロ ブルー(グリー…
  • マンガニーズ ブルー …
  • ディオキサジン パー…
  • チタン バフ/TITAN BU…
  • ニッケル アゾ イエロ…
  • イエロー オーカー/YE…
  • ロー シェナー/RAW SI…
  • トランスペアレント …
  • キナクリドン ニッケ…
  • レッド オキサイド/RE…
  • バーント シェナー/BU…
  • バーントアンバー/BUR…
  • ロー アンバー/RAW UM…
  • バンダイク ブラウン …
  • アリザリン クリムソ…
  • 12色セット 60ml
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。