HOME > 株式会社名村大成堂 > 名村大成堂画筆

名村大成堂画筆
  • 名村大成堂

    良質の条件と筆の種類
    良質の条件とは、見た目に良い筆でも、使う人が充分に消化できなければ必ずしも良質ではなく、表現・意図の上から価格の高い安いが必ずしも、良筆・悪筆という訳ではありません。良筆とは、のど、腹、腰などバランスの整った含みの良い適度な弾力があり、端久性に富んだ造りの筆という事です。名村の筆は優秀な技能者を育成し、今では入手の困難な良質の原毛を仕入れることにより実現させております。

    ・水彩画筆
      天然原毛ナイロン毛天然原毛+ナイロン毛
    ・油彩画筆
      天然原毛
    ・アクリル画筆
      ナイロン毛天然原毛+ナイロン毛
    ・デザイン画筆
      天然原毛ナイロン毛天然原毛+ナイロン毛
    ・日本画筆
      天然原毛
    ・刷毛
      天然原毛




  • ●天然原毛の種類
    【鹿】純良な山馬(サンバー)という鹿の毛。竹、岩肌、枯枝等硬質な表現に向く。
    【ウサギ】黒ウサギの毛『紫毛』とも呼ばれ、弾力性に富む。
    【コリンスキーセーブル】シベリア産最高級原毛イタチ毛。復元性、まとまりが良く、耐久性も長い。
    【馬】南米、カナダ、中国すべての筆の種類に使用、まとまりと含みが良い。
    【イタチ】日本、中国、ヨーロッパ、ロシア産があり、産地により違いがある。
    【羊】中国蘇州、南京地方産、白毛高級筆にほぼ使用。
    【タヌキ】軟毛筆の代表。腹の毛は書道用、背中の毛が水彩、油彩向け。
    【リス】寒冷地のリスほど高級。軟らかめで含みが大きく、弾力性に富む。
    【ブタ】中国重慶、漢口産。油彩画に最適、世界諸国に認められている。
    【牛】ヨーロッパ方面産。牛の耳毛、牡牛の毛はオックスヘアーと呼ばれ、高級材。
    【ネコ】白猫の毛が良質。希少で大変高価な原毛。

    ●ナイロン毛
    【ナイロン】アクリル系絵具が日本に普及する際、同時期に導入。現在では極細、豚毛に近づける処理加工したもの、太さを混毛したものなど開発当初より格段に進化した。動物保護条例で入手できなくなった原毛の代用として開発されたものもあります。
b27/27001/nam_img1.jpg
【ナムラ SK-Meteor(メテオ)】
長い穂先はしなやかでまとまりが良く繊細でやわらかな表現や長い曲線などの描写に優れています。

原材料:コリンスキーセーブル

詳しく見る
【ナムラ SK-Meteor(メテオ)】
【ナムラSK-Mercury(マーキュリー)】
ふっくらした根元は含みが良く穂先は細い線から太い線まで長く自在に描けます。

原材料:コリンスキーセーブル


詳しく見る
【ナムラSK-Mercury(マーキュリー)】
【ナムラ Alcyone(アルキオネ)】
高級ナイロン毛に、リドレス製法を施した高品質の牛耳毛をブレンドしました。
やわらかい弾力とまとまりの良さは、細部から広い面積まで幅広い用途に使用できます。
持ち手の軸部分は、エレガントなベルベットグリップに仕上げており、手に吸い付くようなフィット感をお楽しみ頂けます。

原材料:ナイロン毛、牛耳毛


詳しく見る
当サイトに掲載されている個々の情報(文字、写真、イラスト等)は編集著作権物として著作権の対象となっています。無断で複製・転載することは、法律で禁止されております。